世界の面白い食文化

キリスト教に由来する行事をご紹介!

3 min
キリスト教に由来する行事をご紹介!

2000年以上前にパレスチナで生まれたイエスの教えをイエスの死後、弟子たちがキリスト教として広めました。

その後、東方正教会、ローマ・カトリック教会、プロテスタントなどさまざまな教派にわかれながら世界中で約20億人の人々に信仰されています。

この記事では、キリスト教に由来する行事を紹介してくよ!

ぽん太

ぽん太

イースター・エッグ(復活祭)3月〜4月

イースター・エッグ(復活祭)3月〜4月の画像

十字架にかけられて処刑されたイエスが復活したとされる日です。

玉子に綺麗な色や模様をつけて飾ったり、玉子やウサギの形をしたお菓子を食べたりしてお祝いします。

イースター(卵)の画像

復活祭の日はもともと、春が戻ってきたことを祝う日でした。

植物が芽を出し、動物が子を産む春は、命が再生するように見えたのだと思います。

玉子や子どもをたくさん産むウサギも生命の象徴として祝われます。

聖週間(復活祭前日までの一週間を指す)

聖週間(復活祭前日までの一週間を指す)の画像

聖週間は、復活祭(イースター祭)前日までの一週間を指します。

イエスが日曜日の朝に復活するまでの1週間のことで、「受難週」とも呼ばれ、イエスの苦しみを思って受難劇などが演じられます。

聖週間(復活祭前日までの一週間を指す)の画像
スペインの聖週間(セマナ・サンタ)

スペインでは、聖週間のことをセマナ・サンタ(Semana santa)といい宗教行事の中でも重要なイベントに位置付けられています。

イエスやマリアの像が乗った巨大なパソ(山車)が街中をパレードします。

四旬節(イエスの苦しみを思って静かに過ごす)

四旬節(イエスの苦しみを思って静かに過ごす)

イエスが40日間断食して祈ったことにちなみ、心をしずめてつつましく暮らす時とされています。

かつては断食する週間もありましたが、現在は一日1食だけで過ごす日と、肉食を避ける日が定められています。

カーニバル(謝肉祭)2月末〜3月のはじめころ

カーニバル(謝肉祭)2月末〜3月のはじめころ

カーニバル(謝肉祭)は、2月末から3月末のはじめころに行われる行事です。

処刑される前のイエスの40日間の苦しみ(四旬節)にそなえて、賑やかなお祭りを行います。

カーニバルの間に、玉子やバター、お肉を使い切るため美味しい料理を思う存分食べて四旬節を迎えます。

◽︎ 世界各国では、カーニバルの仮面と仮装

ヨーロッパでは、寒い冬を追いはらう祭りとカーニバルが結びついたとされます。祭りの仮面・仮装は、国や地域によっていろいろな種類があります。

◽︎ ニース(フランス)

ニースのお祭りの画像

春をあらわす本物の花をたくさん使った飾りが鮮やか衣装です。

◽︎ ヴェネチア(イタリア)

ヴェネチア(イタリア)の画像

イタリアのカーニバル(謝肉祭)は、仮面と衣装を身につければだれでも参加できます。

◽︎ ドイツ・オーストリアなど

ドイツ・オーストラリアの画像

ドイツのカーニバル(謝肉祭)では、醜い魔女の仮面を施します。

冬に姿を表します。

カーニバル(謝肉祭)のごちそうはパンケーキ

カーニバル(謝肉祭)のごちそうはパンケーキ

玉子やバターを使うパンケーキは、カーニバルのころによく食べられます。

ロシアでは、太陽を表す「ブリヌイ」と呼ばれるパンケーキにジャムやキャビア、サーモンなどを添えて食べられます。

http://www.news-digest.co.uk/news/listing/events/16065-pancake-day.html

聖母被昇天祭(せいぼひしょうてんさい)8月15日

聖母被昇天祭(せいぼひしょうてんさい)8月15日

キリスト教の宗派の1つであるカトリックや東方正教では、イエスの母マリアも信仰の対象です。

この日はマリアが生きたまま神様に天国に迎えられた日とされ、マリアを祀った教会などで、特別なミサが開かれます。

守護聖人

守護聖人の画像

カトリックでは、キリスト教の教えを守り人を助けたり奇跡を行ったりする人を聖人や聖女と呼びます。

信仰の対象にもされます。

スペインやイタリアなどでは、特に盛んで聖人や聖女にちなんだ行事や、聖人の日、聖女の日などがあります。

ハロウィン 10月31日

ハロウィン10月31日の画像

死者を祭る日である11月1日の前夜は、悪い霊たちが暴れると考えられたためにおばけなどの仮装をして追い払います。

仮装をした子どもたちは家々を訪ね、「お菓子をくれなかったらいたずらするぞ」と脅かします。

まとめ

キリスト教に由来する行事をご紹介!のまとめ

さいごにキリスト教に由来する行事についてまとめました。

  • イースター・エッグ(復活祭)は、イエスの復活を祝う最大の祭り
  • 聖週間は、イエスの受難と復活を表す祭り
  • カーニバル(謝肉祭)は、玉子やバター、お肉を使い切るため美味しい料理を思う存分食べる祭りです
  • 聖母被昇天祭(せいぼひしょうてんさい)は、マリアを祀った祭りが開催されます
  • ハロウィンは、死者を祭る日である11月1日の前夜に行われます

キリスト教に由来する行事を知ると、少しだけ視点が広がるね!

ぽん太

ぽん太

maru

maru

さいごまで読んでいただきありがとうございます。

maru

maru

メディアの編集者&ライター。
「雑学を知ることで世界の視点が広がる」をテーマに、クセになる世界雑学を発信しています。

FOLLOW

タグ:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です