世界の面白い食文化

パックスロマーナとは?時代背景から五賢帝、研究の論文をご紹介!

8 min
パックスロマーナとは?時代背景から五賢帝、研究の論文をご紹介!

『パックスロマーナ』(Pax Romana)とは、オクタウィアヌス(初代ローマ皇帝アウグストゥス)から、五賢帝時代までの200年間の状態を指します。

18世紀のイギリスの歴史家であるエドワード・ギボンは『ローマ帝国衰亡史』のなかで、五賢帝の時代を「人類史上もっとも幸福な時代」と記しました。

1世紀頃のローマの人口は450万人であり、世界全体の人口(3000万)の7分の1を占めていました。

パックスロマーナの時代は、政治情勢が安定し、地中海貿易、インド洋貿易(季節風貿易)が発展し、ローマの黄金時代を形成しました。

これに倣って、ある時代における強大な勢力による広域的な平和状態を「パクス=〇〇」と言葉を用いてあらわすようになりました。

パクス=〇〇の代表例 ( *「パクス」は、ローマ神話における平和と秩序の女神 )

  • パクス・モンゴリカ(Pax Mongolica)
    • モンゴル帝国の覇権による平和で安定した時代を指す
  • パクス・アメリカーナ(Pax Americana)
    • アメリカによる平和という意味
  • パクス・ブリタニカ(Pax Britannica)
    • イギリス帝国の最盛期である19世紀半ばごろから20世紀初頭までの期間を表した言葉

ローマの詩人ウェルギリウス『アイネーイス』に

私はローマ人に時間と空間の限界を定めない

とローマの発展を予言しました。

maru

maru

ここから、パックスロマーナと黄金世代を支えた五賢帝についてご紹介します。

パックスロマーナはローマの「黄金時代」

パックスロマーナはローマの「黄金時代」
ローマの街並み

パックスロマーナは、ローマの「黄金時代」でした。

約200年以上、平和で安定した時代だったことからパックスロマーナは「奇跡」と表現されることもあります。

大規模な戦争などがそれほど起きなかったため、文化や芸術が発達して、ローマ文化は各地に浸透しました。

交通網が整備されて経済活動も活発化し、それに伴ってロンディウム(現ロンドン)、ルナティア(現パリ)、ウィンドボナ(現ウィーン)などの都市も建設されました。

maru

maru

季節風の発見でインドとの交易も活発になりました。

パックスロマーナが当時の貿易に与えた影響

パックスロマーナが当時の貿易に与えた影響

ぽん太

ぽん太

これから、パックスロマーナが貿易に与えた影響について説明していくね!

ローマの交易
ローマの交易

1世紀から2世紀頃、ローマ帝国を含めたユーラシア交易ネットワークは安定していました。

そのため、草原の道・オアシスの道・海の道といった交易ネットワークを通じて物や人が盛んに行き来します。

香辛料の値段
香辛料の値段

スパイス、シルクや宝石などを得るために東へ赴く人が増え、地中海貿易で莫大な富を築いたローマ人も出てきました。

また、建築物や公衆浴場に足を運ぶ旅行客なども多かったそうです。

maru

maru

このことから、ローマ帝国始まって以来の平和、安定、繁栄がもたらされ「黄金時代」と言われる由縁が分かりますね。

小規模な戦争は行っていた?

小規模な戦争は行っていた?

パックスロマーナは、安定した平和が保たれてたことは事実です。

しかし、小規模な戦争はたびたび起こっていました

例を挙げると、

  • ワトリング街道の戦い(西暦60年-61年)
  • ユダヤ戦争 (西暦66年-73年)
  • ローマ内戦(西暦68年-70年)
  • グラウピウス山の戦い(西暦83年-84年)
  • ダキア戦争(西暦101-102年、105年-106年)
  • パルティア戦争(西暦39年-217年)

などの戦争が勃発していました。

maru

maru

上記のような軍事衝突が起こっており、一度も戦争が起きてないということではなかったことが分かります。

現在の代表的な都市を建設

現在の代表的な都市を建設

戦争がなくなり、比較的穏やかな時代が訪れ公共事業が盛んになりました。

ロンディウム(現ロンドン)、ルテティア(現パリ)、ウィンドボナ(現ウィーン)などの現代を代表する都市が次々と建てられました。

初代皇帝アウグストゥスの腹心であったアグリッパは、パンテオン神殿やガルドン川に架かるポン・デュ・ガールなど多数の建築物を建造しました。

maru

maru

1985年にポン・デュ・ガールが世界遺産(文化遺産)として登録されました。

ポン・デュ・ガールの橋
ポン・デュ・ガール

大陸の反対側では中国・漢が覇権を築いていた

大陸の反対側では中国・漢が覇権を築いていた

紀元前3世紀以降、中国の中央アジア支配が確率したことで、ペルシアを経由して地中海に達する交易路が開かれました。

これらは、総称してシルクロードと呼ばれます。

ただし、漢の歴代皇帝は中央アジアの防衛に常に心を砕き、費用を投じなくては行けなかったのです。

また、97年に、和帝から西域都護に任命された班超が部下である甘英を大秦国(ローマ)に派遣。

中央アジアではこの時期のローマ帝国のコインが多く出土しています。

漢の交易
漢の交易

これは、漢やローマ帝国が交易の対価としてコインを使用しており、交易の中継地である中央アジアにコインが大量に流入していたことを示しています。

世界の貨幣の歴史をご紹介!紙幣はいつから発行された?コインや紙幣の歴史については、こちらで詳しく解説しています。

このことから、東西における貿易が発展していたことが分かります。

また、五賢帝の最後の一人マルクス・アウレリウス・アントニヌスは、中国に使者を送っています。

東西交渉まとめ

  1. ローマ帝国(大秦国 )   ←   後漢   (陸路)
    • 後漢の班超が部下の甘英をローマ帝国に派遣。
  2. ローマ帝国(大秦国)    →   後漢   (海路) 
    • 後漢の班超が部下の甘英をローマ帝国に派遣。

後漢では、和帝に西域都護として任命された班超の部下である甘英がローマ帝国(大秦国)に派遣されたよね。

ぽん太

ぽん太

maru

maru

また、当時皇帝であったマルクス・アウレリウス・アントニヌは中国(後漢)に使者を送り、大秦国王安敦からの使者が来たと記録されています。

パックスロマーナはアウグストゥス(尊厳者)の即位から始まった

パックスロマーナはアウグストゥス(尊厳者)の即位から始まった
アウグストゥス(Augustus)の銅像

パックスロマーナの始まりとなる皇帝は、初代ローマ皇帝アウグストゥスです。

彼は、英雄カエサルの後継者であり、アクティウムの海戦に勝利し内乱の1世紀を集結させ、ローマ帝政を開始しました。

アウグストゥスは自己をプリンケプス(第一の市民と自称し、「独裁なんてするつもりはない」と言って元老院と上手く政治を行ったと言われています。

対外的にはウォルス将軍率いるゲルマン人にトイトブルク森の戦いで破れ(9年)、ゲルマニアから撤退、以後ライン川・ドナウ川を北境としました。

ゲルマン人を国境で食い止めることが重要であることを認識したため、濠と物見やぐらをそなえた防塁、すなわちリメスを築きました。

東方はパルティアと講和し、ユーフラテス川をローマの東端としました。

maru

maru

トイトブルク森の戦いでアウグストゥスは「ウォルス(将軍)よ、余の軍隊を返せ」と嘆いたと言われています。

ローマの黄金時代を支えた五賢帝

ローマの黄金時代を支えた五賢帝

ローマ帝国の黄金時代(パックスロマーナ)と呼ばれる時期に、皇帝に即位した5人の皇帝を五賢帝と呼びます。

それまでの世襲制度が廃止され、名君が帝国を支えました。

五賢帝とは以下の5人を指します

  • ネルウァ(在位期間 96年〜98年)
  • トラヤヌス(在位期間 98年〜117年)
  • ハドリアヌス (在位期間 117年〜138年)
  • アントニウス・ピウス(在位期間 138年〜161年)
  • マルクス・アウレリウス・アントニヌス(在位期間161年〜180年)
ぽん太

ぽん太

これから、五賢帝と呼ばれる名君について簡単にご紹介するよ!

 ネルウァ (在位 : 96年〜98年)

ネルウァの銅像
出典: FORVM PACIS

五賢帝最初の皇帝が60歳の時に、皇帝に即位したネルウァ帝です。

ネルウァは、元老院と協調しながら貧民市民の救済などの施策を実施しました。

病と闘いながら、治世を行ったもののネルウァはリーダーシップを持っている皇帝ではありませんでした。

そのため、事実上政権は軍や元老院が握っていたと言われます。

また、子供がおらず、軍の支持を得られなかったことから、当時軍に人気のあったゲルマニア総督のトラヤヌスを養子として、トラヤヌスに皇帝を譲ります。

世襲にたよらない五賢帝時代の幕を開けたことが評価されています。

トラヤヌス(在位: 98年〜117年)

トラヤヌスは、質素な性格であり軍や市民から慕われていた皇帝でした。

自ら前線を率いて、度重なる遠征を繰り返しました。

106年〜117年に、ダキア(現在のルーマニアとメソポタミアを征服して、新しい属州にします。

その結果、ローマ史上最大の版図を成し遂げました。

一時的ではあったが、アルメニア・モロッコ・ブリテン島南部などを征服し、ローマ街道の国境線の総延長は1万キロメートルに及びました。

ハドリアヌス(在位: 117年〜138年)

ハドリアヌスは、古代ローマ市場最も統治に成功した皇帝の一人です。

21年間もの治世は、ローマ帝国の領土と軍事力が最大に達した時期であり、比較的平穏で繁栄した時期でもあります。

芸術の保護にも熱心でありローマのパンテオンの再建も手掛けました。

属州で従軍した経験から、ローマ帝国の弱点となる防衛が難しい領土を手放して、それ以外の領地を防衛するために要塞の建設を強化しました。

なかでも、イングランド北部を横断する石の城壁『ハドリアヌスの長城』は非常に有名であり、現在も概ね原型をとどめたまま残っています。

maru

maru

ハドリアヌスの長城は、イギリスの世界遺産に登録されています。

アントニヌス・ピウス(在位:138年~161年)

ハドリアヌスの養子となり、ハドリアヌスの死後即位。

彼は穏健で慈悲に富んだ人物とされています。

「先代のハドリアヌスが歩くのも不自由になった頃、体を支えてあげた」、「生まれつき思いやりのある人だった」などさまざまな理由が記録に残されています。

そのため、慈悲深い皇帝であったと言われています。

大きな戦争はおこなわず、大きな災厄もなく、当時の人々にしてみれば安定した良き時代だったと思われます。

ハドリアヌスの意向に従って、養子を取り、マルクス=アウレリウス=アントニウスとヴェルスに帝位を譲りました。

maru

maru

「ピウス」とは「敬虔な」という意味で、元老院から与えられた称号です。

マルクス・アウレリウス・アントニヌス(在位:161年~180年)

五賢帝最後の皇帝となるマルクス・アウレリウス・アントニヌス帝は、強大なローマ皇帝であり偉大な哲学者でもありました。

当時の世界に多大な影響力を及ぼした哲学書の著者でもあります。

彼が著作した『自省録』は、現在でも運命の受容と個人の徳を重視するストア派の哲学作品としてよく知られています。

わずか、8歳の時に努力家として才能を見出され『聖職者』の称号を受け取ります。

その3年後になる、11歳ではストア派の哲学者になり天才と評されます。

彼が歴代の賢帝の戒めを破り、息子コモンドゥスに帝位を継承したことで五賢帝の時代は終わりを告げます。

パックスロマーナはいかにして築かれたか

パックスロマーナはいかにして築かれたか
maru

maru

約200年間の間続いた、パックスロマーナはいかにして築かれたのかについてご説明します。

 「平和は大切」というプロパガンダが利用された

初代ローマ皇帝アウグストゥスが帝政を始めた頃は、戦争が絶えず行われていました。

戦争や内乱に明け暮れるローマ人は、聞いたことがない概念だったのかもしれません。

そのため、戦争をしない「平和」は大切だというプロバガンダが広まり、パックスロマーナの実現につながりました。

ローマ時代に流通していた、アウレリウス金貨にも皇帝の顔が刻印されプロパガンダの役目を果たしました。

ぽん太

ぽん太

アウレリウス金貨は、初代ローマ皇帝であるアウグストゥス帝が発行したことで知られているね。

民衆を手厚く尊重した

軍事力だけで国を統治することはできなかったため民衆を手厚く尊重しました。

パックスロマーナが始まる前の皇帝ドミティアヌスの統治が暴虐だったことも関係していると言われています。

ネルウァは、民衆への祝い金や貧困層に対する税金の特別免除など福祉政策を実施を行いました。

トラヤヌスは、頻繁に街中を歩くなどして、民衆に寄り添った統治を行い好意的に受け止められました。

maru

maru

同じ暴君として、第3大ローマ皇帝であるカリグラも有名ですね。

充実した公衆浴場

ローマでは、水を多く使うことが富の象徴とされていました。

「体を清潔に保つのに苦労する」と愚痴をこぼしても誰も相手にしてくれないくらい、浴場と市民の生活は一体だったのです。

初期に作られた浴場は狭くくらいものでしたが、窓ガラス(二重ガラス)が開発されたことで、浴場は豪華になりました。

それから、「入浴」という概念も大きく変わったと言われます。

身体を洗う行為だけではなく、

  • 図書館
  • 屋内プール
  • ランニング用のトラック
  • オリーブを使ったマッサージ室

まで併設されていました。

そのため、当時のローマ市民にとって、浴場は出会いの場であり、休養保養の場であります。

公衆浴場のためにローマまで足を運ぶ旅行客もいました。

maru

maru

また、文化芸術討論の場でもあったことから、「楽しい教会」とも呼ばれていました。

様々な分野が発展した

パックスロマーナ時代は、比較的平和な時代が続きました。

そのため、文学や芸術、化学、農業などが発達しました。

世界遺産にも記録として残されている建築物が多く建築技術や幾何学などの学問も発展したと考えられています。

コロッセオなど娯楽事業に注力した

コロッセオの写真
Colosseum

コロッセオなど多数の建造物が建てられ娯楽事業にも力を入れていました。

市民の生活が困らないよう多くの公共事業を行う建前として、娯楽事業の建物を多く建設したとも言われています。

ありとあらゆる食事とお酒を楽しめた

ローマが食事を食べる時に寝そべっている写真
食堂の長椅子にゆったりと寝そべって、食事をする9人の客

ローマの町は、イタリア全土はもちろんエーゲ海で採れる魚や地中海全域から運ばれてくる食事とワインを楽しむことができました。

ローマ人の食のサイクルはメインの食事は朝の9時にとり、昼は昼食で済まします。

ギリシアの習慣に倣って寝そべって食事をすることが、イタリアの習慣にもなっていました。

また、ローマ人にとって、食事の最中に、食べ過ぎたり飲み過ぎのせいで吐くのは珍しいことではなかったのです。

それより、吐くことは健康に良いと考えられていました。

「パックスロマーナ」の論文集

参考になる論文集

ここでは「パックスロマーナ」についての論文を紹介します!

ぜひ参考にしてみてくださいね。

まとめ | パックスロマーナはローマの黄金時代だった

パックスロマーナとは?時代背景から五賢帝、研究の論文をご紹介!のまとめ

さいごにパックスロマーナの時代を以下にまとめました。

  • およそ200年の間、平和が続いた
  • ローマ帝国は、五賢帝時代が最盛期だった
  • 世襲に頼らない政治を行った
  • 小さい戦争はたびたび起こっていた
  • 経済や文化、芸術の面でも大きく発展を遂げた

パックスロマーナは、最も幸福な時代と揶揄されるほど平和な時代でした。

当時発達した、学問や芸術、建築技術などは現代の社会にも参考になるほど洗練されていました。

maru

maru

メディアの編集者&ライター。
「雑学を知ることで世界の視点が広がる」をテーマに、クセになる世界雑学を発信しています。

FOLLOW

カテゴリー:
タグ:
関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です